2018年ツアー8日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月14日      2018年09月15日

こんにちは~!1年生のあちゃかです🌈今回はツアー8日目、タオム村2日目について私が書いていこうと思います!

起床して身支度を済ませた後、朝ごはんを食べてから私たちは村の教会のトンさんに、教会や村についてのお話を聴きました。教会や村についての歴史や村の人々の話など、現地の人にしか語れない話を聴け、とても貴重な時間となりました。

そしてその後はいよいよプロジェクト開始!えんぴつ、衛生、洋服プロジェクト、メンバーそれぞれが力を合わせて、ツアー最後のプロジェクトに取り組みました💪(それぞれのプロジェクトの詳細については、6日目のブログに記載されてます!)

↓えんぴつプロジェクト

えんぴつプロジェクトをしていて、私は気づいたことがあります!それは、子どもたちの絵に、国の文化や生活環境の違いが表れているということです。たとえば、お家の絵を描くとすると、日本では三角型の屋根のお家がメジャーですよね?しかし、カンボジアでは四角い屋根のお家や、高床式のお家があり、日本の子どもたちの絵とは違うものを見ることが多かったです!

また、お花の絵を女の子が描くことは日本でも普通かもしれませんが、村では男の子たちもお花の絵を描いてる子が多かったです!自然に多く囲まれた生活環境で子どもたちは育っているので、花や植物などの絵を描く子が多く、みんなとっても上手でした!

↓こちらの思春期ボーイズたちも、上手にお花の絵を描いてましたよ~🌼なんだか見ていてほっこりしました

↓衛生プロジェクト

ツアー5日目、6日目で訪れた水上村では、子どもたちがあまり口に歯ブラシを入れてくれなかったのですが、タオム村の子どもたちは私たちが口に歯ブラシを入れて磨いているのを多くの子が真似してくれました!

手洗いの歌も、みんな大きな声で歌ってくれました😆ドッカンル~ドッカンル~🎶

↓洋服プロジェクト

私は洋服プロジェクトの担当で、女の子に洋服を渡していたのですが、みんなこだわりが強くて服を選ぶのにめちゃくちゃ時間がかかりました(笑)オシャレがしたいという女の子の気持ちは、世界共通なんだな~と感じました

また、洋服プロジェクトは1人につき2着洋服を渡すという決まりなのですが、服がたくさん欲しくて再び列に並んでしまう子も多かったです。「さっきあげたからダメなんだ、ごめんね」とある子に伝えた時、言葉は分からないはずなのに雰囲気で理解したのか、悲しい顔をされたことは忘れられません。あげたくてもあげられない、なんとも複雑でもどかしい気持ちを感じましたが、同時にいい経験が出来たと思います。

そして水上村に引き続き、貼り絵の方もタオム村で行いました!子どもたちは折り紙をペタペタ貼り、周りのスペースにはえんぴつプロジェクトでもらった色えんぴつで絵を描いてくれました

果たして貼り絵で作ったCeeKの出来は…….

じゃじゃ~~~ん!!!

見事に完成しました~!!!!!

メンバーと子どもたちが協力して作った色鮮やかなCeeK🌈とっても綺麗でした!

日本人の私たちと、カンボジア人の子どもたちが、何か1つのものを作り上げた証として、この貼り絵のCeeKがあるのだと思います。言葉は通じなくても、心で通じ合い協力するということ、そのことを大きく実感した瞬間でした。

そしていよいよ村とお別れの時間に…

お別れの時、子どもたちは私たちの元へ集まってくれ、メンバーそれぞれ仲良くなった子どもたちとお別れの挨拶をしました。

村の女の子が代表でお別れの言葉を述べてくれたのですが、その際に目からは涙を流していました。私たちの目からも自然に涙が溢れてきて、お別れするのが本当に寂しかったです。私たちは子どもたちや村の人々とまともに会話をしたことがありませんでしたが、気持ちは同じなんだということが実感でき、心で通じ合えたことを感じることが出来た瞬間でした。

私は海外へ行くことが今回のカンボジアツアーでほぼ初めてに近く、このように現地の村に訪れるということももちろん初めてでした。多くのことを学びましたが、特に感じたことは、自分たちが何かを与えているつもりが、実は村の人々や子どもたちに何かを与えられていたということです。この村訪問で与えられた多くのことを、これからも忘れずに生きていきたいと思いました。

↓あ、前回タオム村1日目について書いてくれたヒロは、村にいたわんちゃんともお別れしたみたいです🐶笑笑

村を出たあと、ホテルに向かって、夜は各学年ごとにディナーを楽しみました🍽

私たち1年生はKuriosity Kafeに行きました!メンバーは少ないながらも、仲良くご飯を楽しみました👧🏻👧🏻👧🏻👦🏻私はパッタイを食べました😋とても美味しかったです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~次回は休息日の大学訪問、キャンディアンコールについてです!

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です