2018年ツアー6日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日      2018年09月13日

こんにちは!1年のせなです。今回はプレクトアール水上村での二日目について書いていきたいと思います。
Day1を終えて、私たちは教会を通るボートの音とともにDay2を迎えました。
ここで問題(じゃじゃん):
もし…村の初日=お宅訪問であれば、その次の日=何でしょう?
正解は...

はい、プロジェクトです!
CeeKの活動にお馴染みの人とそうでもない人もいると思うので、ここで少しプロジェクトについて説明したいと思います!
私たちCeeKの主な活動として、毎年二つの村に国内で集めた3種類の物資を直接届けています。
3種類の物資に伴い3つのプロジェクトがあるのです。
1. 教育支援の一環として鉛筆やペンを手渡ししているえんぴつプロジェクト
2. 歯ブラシを届けて歯磨き指導を行っている衛生プロジェクト
3. 洋服を集めて届ける洋服プロジェクト
物資を寄付してくれたみなさんなしには、プロジェクトを実施することができなかったので、感謝の気持ちを述べたいと思います。オークンです!

ここからまた当日の様子に戻りましょう!
村のおいしいおいしい朝ごはんを食べて、私たちは子どもたちが集まるのを待ちました。
水上村の子どもたちはとてもシャイで、最初はなかなか中に入ってきてくれなかったです(笑)
そこで活躍するのが...折り紙!
紙飛行機や鶴を折ったりして他のこどもたちが集まるのを待ちました。

集まったところで、私たちは “It’s a Small World”を歌って、
えんぴつプロジェクトの始まりです!
一人一人にたくさんの鉛筆やペンが入った袋と紙を渡し、「似顔絵」というお題に沿ってみんなに絵を描いてもらいました。

でも、みんななかなか顔を描いてくれません(笑)

家とか動物が多かったですが、やはりみんな上手です!上手に描けたので、子どもたちはみんなメダルをもらいました!みんなチャンピオンだね。

次は衛生プロジェクトです!

歯ブラシを一本一本こどもたちに渡して、歯磨き指導の紙人形劇を披露しました!カンボジアでは歯磨きをする習慣がない人が多く、子どもの中でも虫歯が目立つ子が多かったです。
衛生プロジェクトである私はチョコレートが大好きだけど歯磨きがだーい嫌いのサルを演じました。「毎晩歯磨きしないと痛い目に合うぞーう!」とDr.Elephantが教えてくれました。

みんな一緒にクメール語で10まで数えて、上を磨いたり、下を磨いたり、奥を磨いたり...
ピカピカになったかな?
劇の次は手洗い指導です。クメール語で手洗いの歌を何回も歌いました!
ドッカンル~ドッカンル~

Last but not least, 洋服プロジェクトです!
子どもたちは洋服プロジェクト担当の方々に選んでもらった新しい服を持って、(女の子たちは結構選ぶのに時間がかかったりしました)

ミサンガを結んでもらい、
貼り絵の「K」を完成してくれました。貼り絵の完成版は後ほどの投稿のお楽しみで~
後は子どもたちのお昼ご飯の時間!お祈りをしてからみんなお粥をパクパク。
沢山食べるねー

これでプロジェクトは無事終了!
お別れはやっぱり寂しいけど、「また来年会おう!」という感じで子どもたちにバイバイしました。


私はツアーも村も全部初めてでした。最初は少し緊張したり、子どもたちと遊ぶのに結構体力必要だったり...でも、子どもたちの無邪気な笑顔のおかげで全部吹っ飛びました!
ツアーのメンバー一人一人感じたことがあると思います。言葉は通じないのにお互い必死に相手に伝えようとして、最後はいつも笑い合えたことがとても印象的でした。(あと、子どもたちの可愛さにたくさん癒されました~)

あと、私たちを受け入れてくれた心の広い教会のみなさんと村のみなさん、本当にありがとうございました。

以上、せなでした!最後まで付き合っていただきありがとうございます。
次回はタオム村へ!

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です