CeeK2018スタートしていました!②

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月06日      2018年06月14日

こんにちは、あまちゃです。
気が付けば桜も散って、すっかり新緑の季節ですね!
毎年のことですがこの時期は急激に暑くなります。今年も無事にアイスをおいしく食べられそうで嬉しいです。

さて、長らく後半を書き忘れていたので簡潔に書いていきたいと思います。

①11月30日から、前述したミーティング係が進行役となって毎週のミーティングを行ってきました。

連日ミーティング内で、報告会の振り返りや少し時間を設けて改めてCeeKの活動について話し合いました。具体的には、「支援とは何か」、「CeeKとは何か」などテーマを設け、メンバーがじっくりと話し合う時間を設けました。来年からの活動に向け、モチベーションを高めあいました。
もちろん、各プロジェクトもカンボジア現地の活動振り返りや、今後の寄付の募り方についても打ち合わせをしました!今後もぜひ物資の寄付にご協力をお願いします。

②「ロッジ」

12月初旬には、毎年恒例の、河口湖のコテージを借りてみんなで泊まり込むイベント「ロッジ」をしました。1、2、3年生が正式に集まるのは最後のイベントとなりました。みんなで鍋を囲んで夜遅くまで話してほっこり。メンバー同士の関係がさらに深まる行事です。

③新3年のメンバー2人が留学へ

洋服プロジェクト新3年のぺことさとみが留学のためCeeKを早めに引退することになりました。
メンバーの中でも存在感が強すぎるし、誰にも負けないくらいカンボジアが大好きな2人。寂しいですが、無事に帰ってきてくれることを祈っています。

④スプートニク・インターナショナルのイベントにお邪魔しました!

報告会にご来場していただいた岡様のお誘いで、スリランカやガーナで支援活動をするスプートニク・インターナショナルのイベント、「PEACE QUEST 2017 Autumn-Winter Sympathy~心をひらき、認め合う~」(12月10日)にお邪魔しました。理事の秋沢さんのご厚意でえんぴつと洋服の寄付をいただきました!本当にありがとうございます。

⑤宮城県・南三陸にボランティアへ

東北震災地域の継続支援を行う一般社団法人「東北ファミリア」にCeeKメンバーのみの便を設けていただき、2月21日-23日に宮城県南三陸町へ新2・3年生が行きました。
震災遺構見学やめかぶ削りのお手伝いなどをしました。震災から7年が経つ現地の今を知ることが出来ました。

以上が、「報告会後いつもどんなことしているの?」という質問の答えです。
ツアー期間以外にもCeeKはいろんなことをしていることがわかると思います!

次回は久しぶりに出展することになったカンボジア・フェスティバルについて!
暑い日が続いているのでこまめに水分を!アイスはほどほどに!
あまちゃでした~。

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です