TOUR 2019 13日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月26日      2019年10月13日

こんにちは!1年のあかねです!

ツアー13日目は、アジア・太平洋地域にボランティアを派遣するJLMMという団体の運営する子どもの家へ見学に行きました。子どもの家とは貧困で学校に行けない子どもや、学校の授業についていけなくなってしまった子どもたちが通っていて、基礎を築く教育が行われている施設です。

私たちが到着すると元気いっぱいの子どもたちが迎えてくれました!着いた瞬間からとてもかわいい子どもたちに会えて癒されました!

そのあと、一通り施設の案内をしていただきました。

読み書きや計算の授業が行われていて、しっかりと勉強している子どもたちがいました。

本がたくさん置いてある図書館のようなところもありました。私たちも小さい頃に読んでいた日本の絵本がクメール語に訳されて置いてあり、懐かしさを感じました!

施設見学後は、代表の方が色々と説明をして下さりました。

この施設はゴミ集積場の近くにあり、ここに通う子どもたちの親の多くはゴミを拾って生活しています。ゴミを拾って得られる収入は男の人で1日5ドル、女の人だと1日2~3ドルほど。そのような収入の少ない状況で子どもを労働力と考える親も少なくないそうです。また、ポル・ポト時代の影響で教育を受けられていない親が多く、教育の大切さを理解しておらず、子どもを学校に通わせないということもあると伺いました。子どもの家という施設はこうした状況を改善するために尽力されているそうです。

また、この施設ではお母さんたちへの支援もしていて、お母さんたちが安心して働けるように託児所のようなかたちで子どもを預かり、面倒を見たりしています。栄養や衛生について、お母さんたちを対象にした教育も行なっていたり、アイスやクレープといった屋台の車を提供して、お母さんたちが仕事をする手助けもしていることも教えていただきました。

現実的なお話をたくさん聞けて、とても勉強になりました。

子どもの家周辺の様子はこんな感じです。

至るところにゴミが積まれていて、ゴミ問題についても考えるきっかけになりました。

その後、また施設に戻り、子どもたちとたくさん遊びました!とても楽しかったです!

 

午後はホテルに戻り、それぞれ自由に過ごしました!
この日はプノンペン最後の夜ということで、ホテルの一室に全員で集まり、トランプをしたり、お話をしたりと遅くまで盛り上がりました!

 

次の14日目でツアーは最終日となります。最終日の更新、お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です